【 30代の転職エージェント 】転職活動をしてみよう。|JACリクルートメント

転職イメージ自己投資

こんにちは。リーマンしろうです。
自立自律を心掛ける平凡なサラリーマンです。

☑️ AFP(日本FP協会認定)
☑️ 2級ファイナンシャ•プランニング技能士
☑️ 3級知的財産管理技能士
☑️ 広告代理店に務めるサラリーマン
☑️ 前職は一部上場の不動産会社で管理職
☑️ 学生時代は野球一筋スポーツマン
☑️ 投資、自己投資、節約、節制に邁進中

平凡なサラリーマンの私は自立のマインド向上のため、そしてライフプランの選択肢を増やすため転職活動を実践してみました。

実際に転職に踏み切るかどうかは別として。

この記事でお伝えしたいこと
  • 転職活動が自分の市場価値がわかるのでおすすめです。
  • 転職エージェントを使うと客観的に自分を評価してくれます。
  • 転職するかどうかは別としても登録して損はありません。
  • 選択肢を増やしておくと余裕が生まれます。
  • 転職活動してみましょう。
スポンサーリンク

転職エージェントの活用:自分の市場価値を見てくれる。

転職エージェント

すでに転職経験のある私は、エージェントを活用した転職活動の有用性をある程度理解できていたこともあり、早速どこが良いか調べてみました。

◆転職エージェント一覧

主な転職エージェント一覧
  • リクルートエージェント
  • エンエージェント
  • doda転職エージェント
  • ビズリーチ
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • JACリクルートメント
  • リクナビNEXT
しろう
しろう

前回転職活動した時よりラインナップが豊富になってるな。

と感じました。

◆過去の転職活動

私が以前(10年位前)に活用させて頂いた転職エージェントは

  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • エンジャパン
  • リクナビNEXT

の4社と並行してハローワークの求人も探しておりました。
当時の記憶を遡ってみた4社のイメージは

< エージェント感想 >
  • リクルートエージェント
    →面談で親身になって相談に乗ってくれました。同業種への転職を強く勧められた印象が。
  • パソナキャリア
    →担当者がよく変わってた印象。
    メールと電話が主。
  • エンジャパン
    →広告業界を希望していた私に自社を提案の上、内定までくれました。
  • リクナビNEXT
    →エージェント方式では無いですが豊富な求人情報でアプローチもたくさん。

当時、他業種への転職(不動産業界→広告業界)を希望していた私はエージェントさんにさぞご迷惑をお掛けしただろうな。と今さらながら思います。

結局当時はハローワークで見つけた今の会社で内定を頂き、現在に至ります。

◆職務経歴書の作成:自分の経歴を伝える大事な書類。

職務経歴書

転職活動に動き出す前に、どのサイト/エージェントを利用するにしろ必ず必要になってくるのが職務経歴書です。これは簡易的でも良いので作成しておきましょう。
一度作成してしまえば他の転職サイト/エージェントでも使い回せますし。

ちなみに私はこんな感じでザクっと作ってみました。

<簡易職務経歴書 プロフィール> 
サンプル

名前:リーマン資郎<りーまんしろう>
生年月日:19〇〇年〇月〇日 満〇歳

※転職サイトなどに個人を特定する情報は掲載できないのでその場合は氏名などは削除してください。

〇〇年3月  私立〇〇高等学校 〇〇科 〇〇コース 卒業 

      <部活動:〇〇部>
〇〇年4月  私立〇〇大学   〇〇学部 〇〇学科 入学 

      <部活動:〇〇部>
〇〇年3月           〃       卒業 
      <部活動:〇〇部>

〇〇年〇月  株式会社〇〇 入社<営業部>
〇〇年〇月  株式会社〇〇 〇〇に昇進
〇〇年〇月  株式会社〇〇 〇〇に昇進
〇〇年〇月    株式会社〇〇 退社


〇〇年〇月  株式会社〇〇 入社

      <先輩社員のサポート業務>
〇〇年〇月  〇〇にて〇〇イベント実施
〇〇年〇月    株式会社〇〇よりSPイベント受注
〇〇年〇月  〇〇株式会社 〇〇の販促業務担当
〇〇年〇月  〇〇担当 新聞/ラジオCMの出稿業務担当
〇〇年〇月  〇〇株式会社 〇〇の各種PR担当
〇〇年〇月    株式会社〇〇出向 〇〇業務担当
〇〇年〇月  株式会社〇〇へ戻り、〇〇の販促担当
〇〇年〇月  〇〇と〇〇の〇〇を締結。

      〇〇関連イベント、販促物の制作に従事
〇〇年〇月  〇〇のビジュアル制作担当
〇〇年〇月  〇〇の〇〇業務を専任受注

      〇〇のCM契約を締結
〇〇年〇月    〇〇の〇〇の制作業務を専任受注
〇〇年〇月  〇〇の販促業務を後任へ引き継ぎ業務開始
       〇〇の販促物制作•キャンペーン展開  
〇〇年〇月  〇〇の年間契約
〇〇年〇月  〇〇の新規事業立ち上げ
〇〇年〇月  〇〇と〇〇のコラボキャンペーン展開


現在に至る。

みたいな感じです。少しずつ更新していくのもありだと思います。

◆エージェントの選定 / JACリクールトメント

エージェントの選定 / JACリクールトメント

特に1つに絞る必要は無いと思いますが
ネットでも評判の良いJACリクルートメント
に登録し、エージェントと面談してみました。

JACリクルートメントの公式サイトはコチラ

サイトから必要事項を記入し登録すると面談の段取りへと進みます。

メールと電話でやり取りした上、いざエージェントさんと面談。

エージェントさん
エージェントさん

ようこそ。

若くて仕事ができそうな頼り甲斐のあるエージェントさんでした。
聞かれたことは以下の通り

エージェントヒアリング内容
  • 職歴(経歴書作って持って行きました。)
  • 転職先の希望の業界
  • スキル・資格
  • 何を重要視するか。(給与•勤務時間•勤務地•職種•仕事内容など)
  • いつまでに転職したいか。

などお話し、率直に自分の評価を聞いてみました。

しろう
しろう

自分の評価どうでしょう?

エージェントさん
エージェントさん

高くも無いけど低くも無いですね。

しろう
しろう

・・・・・・・・・・・。

と正直?に答えてくれました。

今すぐの転職は考えていないことは事前にお伝えしておりましたが、良いところがあれば前向きに検討したい旨もお伝えし帰りました。

その後厳選された求人案内がメールで届き、現在もチェックする日々を送っています。

ドカドカと求人案内を送ってくる会社さんでは無いのでとても信頼が持てました。

◆業種を限定した転職サイト

リクナビネクスト

さらに私は現在の広告業界での転職も視野に入れていたため

広告転職.com

というサイトにも登録してみました。
Facebookなどのアカウントでもすぐに登録できるので便利です。

ここは私が住んでいる名古屋に会社が無いので電話でヒアリング。

エージェントさん
エージェントさん

☎️もしもし。

しろう
しろう

☎️もしもし。

電話でも伝わる担当者の優秀さ。

転職に対する意気込みやルールなど確認。

その後広告業界の求人がメールで届くといった流れです。

エージェントさんのお話によると42歳くらいまでは現状求人案件はあるとのこと。
それ以上になるとヘッドハンティングされてない時点で評価が下がるそうです。

そんなエージェントが優秀なのは、登録者の中からエリートを一番最初にヘッドハンティングできるから何だろうな。なんて感じました。

まとめ : 転職するかどうかは別として選択肢は増やすべき

まとめ : 転職するかどうかは別として選択肢は増やすべき

未だ転職が確定した訳ではありませんが、
何はともあれやってみよう。
の精神のもと行動してみた結果、客観的に見た自分の評価や立ち位置などがわかって良かったと感じています。

大切なことは人生の選択肢を増やすこと。

そう思った平凡なサラリーマンなのでした。

リクナビネクスト

✔︎転職するかどうかは別として転職活動はやってみるべし。
✔︎転職活動の前に職務経歴書を作成するべし。
✔︎自分に足りないものがあるのなら、補うために精進するべし。
✔︎何はともあれやってみるべし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました