【不要不急の外出自粛】で暇なときにおうちでチェックできる無料のおすすめニュースサイト7選

【不要不急の外出自粛】のときに無料でチェックできるおすすめニュースサイト7選自立【 投資 / 自己投資 / 挑戦 】

こんにちは。しろう(@ryman_shocking)です。

平凡なサラリーマンが成長していく過程を記したブログ「リーマンショッキング」へようこそ。

☑️ AFP(日本FP協会認定)
☑️ 2級ファイナンシャ•プランニング技能士
☑️ 3級知的財産管理技能士
☑️ 広告代理店に務めるサラリーマン
☑️ 前職は一部上場の不動産会社で管理職
☑️ 学生時代は野球一筋スポーツマン
☑️ 投資、自己投資、節約、節制に邁進中

新型コロナウイルス感染拡大にともない、各地の主要都市で緊急事態宣言とともに外出自粛要請が発令されました。

こんなときこそ、お持ちのスマホ・パソコンでニュースサイトをチェックして自分から情報をとりにいきましょう。

ということで、おうちでチェックしてほしいオススメのニュースサイトをご紹介します。

ちなみに王道であるYahoo!ニュースgoogleニュース、そしてTwitterLINEなどのSNSのニュースページはご存知かと思いますのでそれ以外で。

またニュースサイト内の条件によって一部有料コンテンツも含まれますのでご注意ください。(無料で閲覧できる範囲でのおすすめですのでご安心ください)

リーマン資郎
リーマン資郎

ちなみに私は無料で閲覧できる部分しか見てません。

それではご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめニュースサイト7選

おすすめニュースサイト5選

おすすめニュースサイト選その1:NHK NEWS WEB

速報・新着ニュース一覧|NHK NEWS WEB
NHKのニュースサイト、NHK NEWS WEBの新着ニュースについてのページです。ニュース速報はもちろん、NHK NEWS WEBに掲載されたさまざまなジャンルのニュースを新着順に表示しています。日本と世界の「いま」が分かります。
リーマン資郎
リーマン資郎

ニュースのスピードが早い。
国内の情報を中心に網羅。

おすすめニュースサイト選その2:au のニュースパスアプリ

ニュースパス | エンタメ | au
無料&申込不要のニュースパスのページ。かんたん操作で短時間で手軽に話題のニュースをチェック。検索・フォロー機能、速報機能など情報収集に必要な機能がそろっているので自分に合った使い方ができます。
リーマン資郎
リーマン資郎

一般的なニュースを幅広く取り扱いスピードも上々。
auユーザーや楽天ユーザーには特典も。

おすすめニュースサイト選その3:東洋経済オンライン

東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
リーマン資郎
リーマン資郎

東洋経済新報社のニュースサイト。
経済ニュースを幅広く発信しています。
著名人のコラムや評論も多数掲載。

おすすめニュースサイト選その4:ロイター

ロイター | 経済、株価、ビジネス、政治ニュース
国際ニュース通信社ロイターのウェブサイトです。世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。

トムソン・ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。 マーケットニュース、ビジネスニュース、テクノロジーニュース、外国為替フォーラム、ワールド、ヘッドラインニュース、速報ニュース、コラム、ブログ、国内株式、海外株式、外国為替、投資信託情報が、ロイター.co.jpサイト、ビデオ、モバイルサイト、インタラクティブ・テレビプラットフォームでご利用いただけます。

ロイター通信公式サイトより
リーマン資郎
リーマン資郎

国内だけでなく世界のニュースも日本語で読めるありがたいサイト。

おすすめニュースサイト選その5:ビジネスインサイダージャパン

Business Insider Japan|ビジネス インサイダー ジャパン
Business Insider はミレニアル世代のビジネスパーソンを主要ターゲットに、政治、経済、金融、テクノロジー、企業戦略、スポーツなど幅広い分野のニュースを配信するビジネスニュースサイトです。

Business Insider(ビジネスインサイダー)は、2009年2月に開設され、ニューヨーク市に拠点を置いている、アメリカ合衆国のビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト。

Wikipediaより引用
リーマン資郎
リーマン資郎

アメリカのニュースやテクノロジーの情報に強い。
記事によっては有料会員のみの閲覧制限もあり。
BIジャパンはギズモード・ジャパンを運営する株式会社メディアジーン。

おすすめニュースサイト選その6:HUFFPOST

ハフポスト - 日本や世界のニュース、会話を生み出す国際メディア
ハフポスト日本版は、政治やビジネス、社会情勢などを分かりやすく整理して提供。各分野の専門家や有識者と個人が意見をやり取りできる、ソーシャルニュースです。(ハフポスト、ハフポ)

ハフポストは2005年にアメリカで創設された世界最大級のネットニュースメディアで、2012年にはピューリッツァー賞を受賞。2016年にはFacebookで1位のパブリッシャーとしてランクされました。2017年4月、媒体名を「ハフィントンポスト」から「ハフポスト」に変更しました。ハフポスト日本版は朝日新聞社をパートナー企業に2013年に始まりました。現在は、米ベライゾンのメディア部門「Verizon Media」のグループの一員で、朝日新聞社との合弁企業「ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社」(東京都千代田区)が運営しています。
ハフポスト公式サイトより引用

リーマン資郎
リーマン資郎

国内外の情報がバランスよく取得できるニュースサイト。

おすすめニュースサイト選その7:スマートニュース

ニュースが快適に読めるスマホアプリ『SmartNews』
SmartNewsなら、どんなに電波が悪くても、待ち時間ゼロで記事が読めます。いま注目のニュースを凝縮してお届けする、ニュースアプリの決定版です。
リーマン資郎
リーマン資郎

クーポンが特徴なニュースアプリ。
国内を中心に政治・経済・スポーツなど幅広いジャンルの情報を発信。ニュースのまとめサイト。

まとめ:いろいろなサイトからいち早く情報を獲得しにいこう。

まとめ:いろいろなサイトからいち早く情報を獲得しにいこう。

インターネットの普及により情報化社会となった現在。

自然と目や耳に入ってくる情報だけでなく、自分から情報を掴みにいけるチャンスがたくさんある世の中、様々な視点から発信される情報を色々なツールから取得しにいきましょう。

なるべく無料で。

この他にも私が知らない良質なニュースサイトもあると思います。

リーマン資郎
リーマン資郎

そしたら教えてください。

以上、【不要不急の外出自粛】のときにおうちでチェックしたいおすすめニュースサイト7選でした。

✔︎STAY HOME
✔︎アンテナをはりめぐらせるべし。
✔︎コロナに負けるべからず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました