【 つみたてNISA 】の資産運用状況を確認してみよう。| SBI証券

資産運用確認イメージ投資

こんにちは。しろう(@ryman_shocking)です。

平凡なサラリーマンが成長していく過程を記したブログ「リーマンショッキング」へようこそ。

☑️ AFP(日本FP協会認定)
☑️ 2級ファイナンシャルプランナー
☑️ 広告代理店に務める30代のサラリーマン
☑️ 前職は一部上場の不動産会社で管理職
☑️ 学生時代は野球一筋スポーツマン
☑️ 投資、自己投資、節約、節制に邁進中

自立のため投資を始めた私が、最初に着手した「つみたてNISA」の運用状況を確認してみました。

この記事でお伝えしたいこと
  • つみたてNISAは金融庁が推奨する制度です。ぜひ活用しましょう。
  • 運用コストの安い商品を選定しましょう。
  • つみたてNISAをやるならSBI証券か楽天証券がおすすめです。
  • つみたてNISAをやるメリット
    →運用益に対して税金が掛かりません。
    →金融庁が認めた商品しかないので安心です。
  • デメリットは?
    →年間40万円と少額の枠でしかできない。
    →コツコツ積み立てるので投資してる実感はないかも。
スポンサーリンク

つみたてNISAとは?:おトクに運用できる仕組み

つみたてNISAの概要は是非⬆️の記事をご参照ください。

めちゃくちゃ簡単に言うと
とってもお得に気楽に安心して投資ができる仕組み
とでも言いましょうか。

かと言って絶対に損しない投資などありませんのでその点はご注意ください。

つみたてNISAの購入商品ラインナップ:おすすめ6選

そんな私がつみたてNISAで購入している投資信託の商品ラインナップです。

SBI証券保有証券管理画面
※SBI証券 口座管理画面

6つの銘柄に毎月5,000円×3本と6,000円×3本の計33,000円ずつ投資しています。
<※つみたてNISAの掛け金上限額は年40万円で月々の設定も33,333円が上限となります。>
この6つにした主な理由は

  • パッシブ運用
  • 信託報酬が安い
  • 純資産も多め
  • 人気
  • 米国株中心
  • 米国株のリスクヘッジとして8資産と全世界株式も追加

といった安易な選定理由です。

つみたてNISA運用状況:一喜一憂せずにコツコツ投資。

◇つみたてNISA運用開始180日目<半年>

つみたてニーサ運用状況180日
※SBI証券 かんたん積立アプリ画面
しろう
しろう

開始から半年。
銀行の預金利率からすると雲泥の差ですね。

◇つみたてNISA運用開始200日目

つみたてニーサ運用状況200日
※SBI証券 かんたん積立アプリ画面
しろう
しろう

こうして積み上がっていく感覚が良いですね。

◇つみたてNISA運用開始232日目

つみたてニーサ運用状況232日
※SBI証券 かんたん積立アプリ画面
しろう
しろう

更新は1日1回<平日>。21時半頃に更新されます。

◇つみたてNISA運用開始240日目<8ヶ月>

つみたてニーサ運用状況240日
※SBI証券 かんたん積立アプリ画面
しろう
しろう

運用開始8ヶ月。
20年間はひたすら続ける予定です。

まとめ:少額からでもつみたてNISAは早くはじめるべき。

まとめ:少額からでもつみたてNISAは早くはじめましょう。
※SBI証券 NISA口座管理画面

2019年の6月から当初は恐る恐る月額1万円ずつ運用スタートし、現在は月々33,000円に増額。今は米国株を中心にやや高騰している感じがしますので資産評価額も上がっております。

長期投資においては右肩上がりよりも、上げ下げした方がドルコスト平均法の効果が増しますので、価値が上がっても下がっても一喜一憂しないように心掛けるとともに、病める時も健やかなる時も積立続けていきたいと願う平凡なサラリーマンなのでした。

\つみたてNISAはネット証券で/

SBI証券[旧イー・トレード証券]

✔︎つみたてNISAはやってみるべし。<NISAでも良し>
✔︎資産運用状況のチェックをたまには行うべし。
✔︎資産の上げ下げで一喜一憂するべからず。
✔︎投資は自己責任ではじめるべし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました