【 ウェルスナビ 体験 評判 レビュー 】ロボアド投資のポートフォリオを分析してみよう|WealthNavi

【 ウェルスナビ 体験 】ロボアド投資のポートフォリオを分析してみよう|WealthNavi投資

こんにちは。しろう(@ryman_shocking)です。

平凡なサラリーマンが成長していく過程を記したブログ「リーマンショッキング」へようこそ。

自立<投資 / 挑戦 / 自己投資>自律<節約 / 倹約 / 我慢>の活動に邁進中で平凡なサラリーマンです。

☑️ AFP(日本FP協会認定)
☑️ 2級ファイナンシャル•プランニング技能士
☑️ 3級知的財産管理技能士
☑️ 広告代理店に務めるサラリーマン
☑️ 前職は一部上場の不動産会社で管理職
☑️ 学生時代は野球一筋スポーツマン
☑️ 投資、自己投資、節約、節制に邁進中

おまかせ資産運用ロボアドバイザー投資の国内シェアナンバー1を誇るウェルスナビで資産運用中。

ロボアド投資 WealthNaviの特徴
  • ロボアド投資って?→お任せで資産運用してくれるサービス。
  • ウェルスナビって?→ロボアド投資シェアナンバー1。
  • ウェルスナビの特徴は?→楽ちんだけど手数料が1%+αと高い。
  • NISA口座でできないの?→できません。(2020年時点)
  • つみたてNISAとどっちがいい?→つみたてNISAから始めましょ。
  • メリットは?→お任せで効率的な投資ができます。
  • デメリットは?→手数料が高いのでその分リターンも下がります。
  • やらない方がいい?→何もしないより絶対やった方がいいです。
ウェルスナビのスタート記事

ウェルスナビの運用状況

今回はそのウェルスナビ【 WealthNavi 】の運用銘柄を確認してみましょう。

ウェルスナビのポートフォリオ:リスク許容度は4

ウェルスナビのポートフォリオ

ウェルスナビのポートフォリオ

リーマン資郎
リーマン資郎

私のリスク許容度は4。
コロナショック で資産減少中。

ウェルスナビのポートフォリオその1|米国株(VTI):バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

米国株(VTI):バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

リーマン資郎
リーマン資郎

つみたてNISAでも購入している楽天VTIの投資先。

米国株(VTI):バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

米国株(VTI):バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

リーマン資郎
リーマン資郎

マイクロソフトやGAFAなどアメリカを代表する企業の株3500銘柄の詰め合わせ。

ウェルスナビのポートフォリオその2|日欧株(VEA):バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

日欧株(VEA):バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

リーマン資郎
リーマン資郎

日本とヨーロッパに分散投資。

日欧株(VEA):バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

日欧株(VEA):バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

日欧株(VEA):バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

日欧株(VEA):バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

リーマン資郎
リーマン資郎

スイスの食品・飲料メーカーネスレや韓国のサムスン、日本のトヨタ自動車などで構成。

ウェルスナビのポートフォリオその3|新興国株(VWO):バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

新興国株(VWO):バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

リーマン資郎
リーマン資郎

中国メインの新興国株の詰め合わせ。
もう中国は先進国ではないのか。

新興国株(VWO):バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

新興国株(VWO):バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

新興国株(VWO):バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

新興国株(VWO):バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

リーマン資郎
リーマン資郎

アリババやテンセントなど中国を代表する企業をメインに構成。

ウェルスナビのポートフォリオその4|米国債券(AGG):iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF

米国債券(AGG):iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
リーマン資郎
リーマン資郎

株式と相関関数がマイナスとなる債券にも投資。
株価が下がると債券市場は上昇する傾向にあり。

米国債券(AGG):iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
米国債券(AGG):iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
米国債券(AGG):iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
米国債券(AGG):iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF

リーマン資郎
リーマン資郎

債券は比較的ボラティリティ(値動きの幅)の少ない安全資産です。

ウェルスナビのポートフォリオその5|金(GLD):SPDRゴールド・シェア

金(GLD):SPDRゴールド・シェア

リーマン資郎
リーマン資郎

「有事の金」と言われるほどの安全資産。
配当金や分配金がないのも特徴。

金(GLD):SPDRゴールド・シェア
金(GLD):SPDRゴールド・シェア
金(GLD):SPDRゴールド・シェア

リーマン資郎
リーマン資郎

暴落時に逆に値上がりしやすい特性あり。

ウェルスナビのポートフォリオその6|不動産(IYR):iシェアーズ 米国不動産 ETF

不動産(IYR):iシェアーズ 米国不動産 ETF

不動産(IYR):iシェアーズ 米国不動産 ETF
不動産(IYR):iシェアーズ 米国不動産 ETF
不動産(IYR):iシェアーズ 米国不動産 ETF
不動産(IYR):iシェアーズ 米国不動産 ETF

リーマン資郎
リーマン資郎

不動産を証券化した「REIT(リート)」と呼ばれる不動産投資信託。家賃収入が収益の源。

ウェルスナビのポートフォリオその7|現金:円 or ドル

現金:円 or ドル

リーマン資郎
リーマン資郎

現金も立派な資産。ここからウェルスナビに手数料が支払われます。

まとめ:やや高めの手数料分ウェルスナビの投資手法を勉強しちゃおう。

まとめ:やや高めの手数料分ウェルスナビ の投資手法を勉強しちゃおう。

ウェルスナビ 手数料

ということで資産運用中のロボアド投資ウェルスナビ のポートフォリオを確認してみました。

これらのETFはそれぞれSBI証券でも個別に購入できますのでご自身でできるよって人は是非。

無料口座開設はコチラ

ウェルスナビ の手数料は1%+各ETFの信託報酬と結構高いです。

ではウェルスナビで運用するメリットはなにか?

それは自動でリバランス自動で節税してくれる仕組みがあるからです。

ウェルスナビ自動でリバランス

任せて安心なロボアド投資ですが、なにに投資しているのかはしっかり把握して、参考にしちゃいましょう。

以上。現在運用中のロボアドバイザーウェルスナビ のポートフォリオのご紹介でした。

ウェルスナビの口座開設はコチラ

✔︎投資している商品を把握するべし
✔︎手数料は極力抑えるべし
✔︎何はともあれ挑戦してみるべし

コメント

タイトルとURLをコピーしました